Sunday, 1 March 2009

0.the icelandic plan

レイキャビック写真美術館とASIギャラリー。
今回のアイスランドでの2つの個展プランは2年前に決まっていた。

2007年当時。3年半留学したロンドンから帰国する直前で、私はヨーロッパで何か残したくて、3年半たくさん写真を撮ってきた国アイスランドのいくつかのギャラリーに作品を持込んだ。

正確に言うと、前年の2006年にも同じことをしたが、そのときは落選した。が。2007年は、特に好きな2つの場所でうまくことが運び、2009年の同時期に2つの個展開催が決定した。

日本に帰国後。全くのゼロから仕事や活動を行う上で、いろいろが難しくうまくいかない時も、この個展の予定を支えに進んだ気がする。その結果この2年間で、たくさんの心暖かい方々に囲まれ、お仕事や、作品集の出版、3つの個展を開催が実現した。

そんなこんな。この2年間、頭の中で漠然とどう展示するのか、どう滞在するかを考えていた。1年前に「アーティスト・イン・レジデンス」を申し込み、半年前には助成金を申し込んだ。その結果、両方ともうまくいき、あーよかった。

しかし。準備は楽ではなくて、やっぱり時空の差が大変だった。荷物(作品)を日本から送る。ロンドンに残して来た作品をロンドンの友達にお願いしてアイスランドに送ってもらう。現地でトラブルがあってもうまく連絡とれない。その他にもトラブルはつきもので。まあ慣れてきたが、いつまでたってもやっぱり乗り越えるのは面倒だ...とつくづく思う。

私のまわりには、海を越えた場所にすら、たくさんの支えてくださる方々がいて、それは日々深く胸に感じるし、感謝する。だけど。プロジェクトの全貌や兼ね合いを把握しているのは自分だけなので、結局は1人マネージメント。時々。やらなくてもいい事なのに、自分で作って、自分で広げて、自分で辛くなってヘンテコだなーと思う。

だけど結局は、こういう全てが好きなのだ。ちょっと辛い事もあるけど、それも平気で。自分がこうやってバカみたいに信じて続けている活動を通じ、人々が何か感じるきっかけになったらいいと心から願う。

というわけで。バタバタと、アイスランド滞在が始まりました。

1 March 2009
keiko kurita

No comments: